ポート番号を変更する

✔ 概要

他のアプリケーションが8080ポートを使用している場合や、一時的にユーザーからのアクセスを制限する場合に、ワークフローシステムへアクセスするポート番号を変更することができます。ワークフローシステム導入後に、ポート番号を変更する方法について説明します。

以下の手順で、ワークフローシステムのポート番号を変更します。
本手順では、ポート番号を8080から80へ変更します。他のポート番号へ変更される場合は、設定するポート番号へ置き換えてください。

設定方法

ワークフローシステムの停止

設定ファイルの編集

設定ファイルを編集して保存します。

注意

設定ファイルは、編集前に必ずバックアップを作成してください。

変更するファイル [インストールディレクトリ]\Tomcat\conf\server.xml
例)C:\CREATE_HOME\Tomcat\conf\server.xml
変更内容

<Connector>タグを検索し、「port="8080"」の値を変更します。
※インストール時にポート番号を変更した場合は、変更前の「8080」が変更したポート番号で表示されます。

◇変更前
<Connector port="8080" protocol="HTTP/1.1"
◇変更後
<Connector port= "80" protocol="HTTP/1.1"

ワークフローシステムの起動

動作確認

指定したポート番号で、ログイン画面が表示できることをご確認ください。