クライアント動作環境設定(V5.0)

ワークフローシステムのクライアント動作環境は以下のとおりです。

PC

  • Windows

    Windows環境で利用できるブラウザーとPDFビューアーの組み合わせは以下のとおりです。
    各ブラウザー、PDFビューアーの設定および制限事項はそれぞれのページを参照ください。

    ブラウザー PDFビューアー
    Internet Explorer 11(32bit版のみ) Adobe Acrobat Reader DC
    Microsoft Edge(UWP版) Edge標準のPDFビューアー
    Google Chrome (最新版) Chrome PDF Viewer(Chrome標準のPDFビューアー)
    Mozilla Firefox (最新版) PDF Viewer(Firefox標準のPDFビューアー)

    注意

    Adobe Acrobat Reader以外のPDFビューアーでPDFファイルを閲覧する場合、 一部動作に制限がございます。
    以下の動作制限により閲覧したい内容が確認できない場合は、Adobe Acrobat Reader をプラグインとして利用できるブラウザー(Internet Explorer)から確認してください。

    • オブジェクトに入力した値がForm エディターで指定したフォントでは表示されず、PDFビューアーの代替フォントで表示されます。
    • ご利用のPDFビューアーによっては、読取専用のオブジェクトのテキストを選択することができません。そのためテキストをコピーすることもできません。
    • 半角円マークがバックスラッシュで表示される場合があります。
    • 一部の文字が表示されません。
       例)第3水準文字、第4水準文字などに属する一部文字
    • 旧バージョン形式のフォーム(JSP/PDF)を利用した案件の出力PDFでは、フォームの領域外に配置されたオブジェクトは表示されません。
      V5形式のフォームを利用した案件では、Adobe Acrobat ReaderからPDFを閲覧した場合もフォームの領域外に配置されたオブジェクトは表示されません。
    • 旧バージョン形式のフォーム(PDF)を利用した案件の出力PDFでは、Form エディター上で設定した[アクション]機能やAcrobat JavaScriptが正常に動作しない場合があります。

    ヒント

    Windows環境では、ブラウザーおよびPDFビューアーのみ動作環境として指定しています。OSバージョンの指定はありません。

  • Mac

    Mac環境で利用できるブラウザーとPDFビューアーの組み合わせは以下のとおりです。
    設定および制限事項は こちら のページを参照ください。

    ブラウザー Safari 10 / 11
    PDFビューアー Adobe Acrobat Reader DC

モバイル

  • iPhone/iPad

    iPhone/iPad環境で利用できるOS、ブラウザーおよびPDFビューアーの組み合わせは以下のとおりです。
    設定および制限事項は こちら のページを参照ください。

    OS iOS 9 - 11
    ブラウザー Safari
    PDFビューアー Adobe Acrobat Reader
  • Android

    Andoroid環境で利用できるOS、ブラウザーおよびPDFビューアーの組み合わせは以下のとおりです。
    設定および制限事項は こちら のページを参照ください。

    OS Android 6 - 8
    ブラウザー Google Chrome
    PDFビューアー Adobe Acrobat Reader