Internet Explorer

ワークフローシステムを Internet Explorer でご利用いただく場合の設定、注意点を説明します。

Internet Explorer の設定

ワークフローシステム利用時は Internet Explorer を初期設定のままご利用ください。
ワークフローシステムが正常に動作しない場合、以下の設定となっていることをご確認ください。

注意

64bit版の Internet Explorer 11 は利用できません。

JavaScriptの設定

  • Internet Explorer のメニューバーから、[ツール] - [インターネット オプション]を選択します。
    [インターネットオプション]ダイアログが起動します。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[セキュリティ]タブを選択し、[このゾーンのセキュリティのレベル] - [レベルのカスタマイズ]をクリックします。
  • [スクリプト] - [アクティブスクリプト]で[有効にする]ラジオボタンを選択します。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[OK]ボタンをクリックします。

Cookieの設定

  • Internet Explorer のメニューバーから、[ツール] - [インターネット オプション]を選択します。
    [インターネットオプション]ダイアログが起動します。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[プライバシー]タブを選択し、[詳細設定]ボタンをクリックします。
    [プライバシー設定の詳細]ダイアログが起動します。
  • [自動 Cookie 処理を上書きする]チェックボックスのチェックを外します。(設定がある場合のみ)
  • [プライバシー設定の詳細]ダイアログで[OK]ボタンをクリックします。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[OK]ボタンをクリックします。
  • Internet Explorer を再起動します。

ヒント

「自動 Cookie 処理を上書きする」設定は、利用するWindowsのバージョンにより設定がないこともあります。

キャッシュの推奨設定

  • Internet Explorer のメニューバーから、[ツール] - [インターネット オプション]を選択します。
    [インターネットオプション]ダイアログが起動します。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[全般]タブを選択し、[閲覧の履歴]のカテゴリにある[設定]ボタンをクリックします。
    [Webサイトデータの設定]ダイアログが起動します。
  • [インターネット一時ファイル]タブにある[自動的に確認する]ラジオボタンを選択します。
  • [Webサイトデータの設定]ダイアログで[OK]ボタンをクリックします。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[OK]ボタンをクリックします。

拡張保護モードの設定

  • Internet Explorer のメニューバーから、[ツール] - [インターネット オプション]を選択します。
    [インターネットオプション]ダイアログが起動します。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[詳細設定]タブを選択します。
  • [セキュリティ] - [拡張保護モードで64ビットプロセッサを有効にする]および[拡張保護モードを有効にする]チェックボックスのチェックを外します。
    ※該当の設定項目が表示されていない場合は対応不要です。
  • [インターネットオプション]ダイアログで[OK]ボタンをクリックします。

Internet Explorer の制限事項

  • Windows 8 / 8.1 の Internet Explorer について

    Windows 8 / 8.1 の Internet Explorer には2つのタイプがあります。

    • スタート画面から起動する Internet Explorer
    • デスクトップ画面から起動する Internet Explorer


    Windows 8 / 8.1 を使用する場合は、デスクトップ画面から起動する Internet Explorer をご利用ください。
    スタート画面から起動した Internet Explorer ではご利用いただけません。スタート画面から Internet Explorer を起動した場合は、フッダメニューの [ページツール] - [デスクトップで表示する] からデスクトップ画面に切り替えてご利用ください。

Adobe Acrobat Reader の設定

ワークフローシステムを Internet Explorer で利用する場合、Adobe Acrobat Reader のインストールが必要です。
PDFが正しく表示されない場合、以下の設定となっていることをご確認ください。

PDFをブラウザーに表示

  • プログラムメニューより、Adobe Acrobat Reader を起動します。
  • Adobe Acrobat Reader のメニューから[編集] - [環境設定]を選択します。[環境設定]ダイアログが表示されます。
  • [分類]メニューから、[インターネット]を選択します。
  • [Webブラウザーオプション]の項目で[Adobe 製品を使用して PDF 文書を表示するためのブラウザーの設定方法] リンクをクリックします。
  • リンク先ページ記載の手順に従い設定を行ってください。

ヒント

ワークフローシステムの利用時に Adobe Acrobat Reader の設定により警告メッセージが表示されたり、意図しない動作となる場合があります。
以下を参照の上、必要に応じて、設定変更をおこなってください。

  • 「フォーム情報は保存できません」ダイアログ

    ワークフローシステムでPDFを表示した際に、以下のメッセージが表示されることがありますが、 ワークフローシステムの利用には影響ありません。 [次回から表示しない]にチェックを入れてダイアログを閉じてください。

    フォーム情報は保存できません。
    メモ :このフォームの入力済みコピーを、ご使用のコンピュータに保存することはできません。
    記録を残したい場合は、入力済みのフォームを印刷してください
    
  • オートコンプリート

    PDFフォームのドキュメントへ入力する際、以前に入力した値が表示(オートコンプリート)されることがあります。
    以下の手順で Adobe Acrobat Reader のオートコンプリート設定をオフにします。

    • Adobe Acrobat Reader を起動します。
    • Adobe Acrobat Readerのメニューから[編集] - [環境設定]を選択します。環境設定ダイアログが表示されます。
    • [分類]メニューから、[フォーム]を選択します。
    • [オートコンプリート]コンボボックス項目が[オフ]となっているかを確認してください。 [オフ]以外になっている場合は[オフ]を選択し、環境設定ダイアログの[OK]ボタンをクリックします。

Adobe Acrobat Reader の制限事項

旧バージョン形式のフォーム(JSP/PDF)をご利用の場合、Adobe Acrobat Reader DC でPDFファイルを表示する際、
初期表示時に一部のオブジェクトが表示されないことがある問題が確認されています。
詳細は、以下を参照ください。

注釈

以下でご利用の場合、本問題は発生しません。

  • V5形式のフォームをご利用の場合
  • Create!Webフロー Cloudをご利用の場合